医療機関のお客様

医療機関の経営者の方へ

私は、これまで医療機関側の代理人として、医療過誤紛争だけでなく、労働や建築など様々なタイプの紛争解決にあたるなかで、医療機関は様々なタイプの紛争に巻き込まれるリスクに晒されているという現実があることを痛感してきました。

そして、特に中小の医療機関や開業医の方々は、そういったリスクにきちんと備えることが容易ではないように思います。

そこで、地域医療を最前線で支える中小規模の医療機関、開業医の方々がより医療そのものに専念できるようサポートしたいと考えており、そういった医療機関向けのご相談対応に力を入れております。

また、ご希望があれば、継続的かつ効果的なリスクマネジメントや紛争予防を実現するための顧問契約の締結もお受けしております。
以下は主な医療機関におけるトラブル対応の例ですが、その他のご相談(事業承継など)も対応可能です。

労務トラブルについてのご相談

医療機関においては、医師や看護師をはじめとした労働条件の異なる様々な職種の方々が同じ職場で協働する場合が多く、また取扱う対象が人の生命身体であり責任が重大であるという特殊性も相まって、労働トラブルが発生しやすい傾向があると思います。

労働トラブルの例としては、問題を起こしたり能力に問題があるスタッフの退職(解雇等)を巡るトラブル、残業代の問題、セクハラやパワハラといった各種のハラスメントトラブルなどがあります。

労働トラブルは、展開によっては労働局等のあっせん、ユニオン(労働組合)の団体交渉、労働審判等の裁判手続などに発展する可能性があり、一度そのように紛争が拡大してしまうと、医療機関側は多大な負担を強いられることとなります。

そのような労働紛争の予防や拡大防止のためのアドバイス、労働紛争を適切な解決に導くための代理人としての対応を行っています。

医療トラブルについてのご相談

医療機関の方々は医療ミスの防止のため日々努力されていると思いますが、それでも不幸にしてミスが発生することはあり得ます。そんなときに重要なのは、起こってしまった事実を前提に、その後、以下に適切な対応を行うかということだと思います。

医療ミス発生直後の初動対応から患者様側への説明等に関するアドバイスや示談交渉の代理(必要に応じて患者説明の立会いも行います)の対応が可能です。
また、当然ながら、訴訟に発展してしまった場合の訴訟代理も行います。

クレーム対応についてのご相談

医療機関は、様々な患者様を受け入れる中で、クレームの対応に悩まされるケースが少なくないかと思います。

一言にクレームといっても、その主張が完全な言いがかりであったり必要以上の過剰な要求を突き付けてくるといったいわゆるクレーマー的なものから正当な苦情というべきものに至るまで千差万別であり、判断や対応を誤ってしまうと、いたずらに紛争が拡大するリスクがあるだけでなく、その医療機関に対する信頼を損なうことにもなりかねません。

そういったクレーム事案が生じた場合にこれを適切に収束させるためのアドバイスや必要に応じて代理人として対応窓口となるなどの対応が可能です。

各種契約トラブルについてのご相談

医療機関が締結する契約は、診療契約やスタッフとの雇用契約のみならず、各種医療機器に関する売買、リース、メンテナンス等の契約、医薬品関係の契約、施設建物の建築や改修、改装等の契約、廃棄物の処分に関する契約など多岐にわたります。

そして、そういった様々な契約を巡り、その相手方との間で紛争(例えば、建築紛争、契約条件を巡る紛争など)が発生するリスクが少なくありません。

そういった契約を巡る紛争リスクを軽減するためのアドバイス、契約書チェックなどの紛争予防対応や、紛争発生時の代理人対応などが可能です。

東京都世田谷区太子堂2-7-2
リングリングビルA棟3階

3つの特徴

裁判対応へのこだわりと理系的発想の活用等

相談の流れ
原則面談での法律相談となりますが、相談者様の状況によりオンラインでの相談に対応することも可能です。
相談対応時間 平日9:30~18:00 相談者様の状況により上記時間以外の時間も対応可能です。
ページの先頭へ